鈴木理恵子 (PHOTO K.Miura)

桐朋学園大学卒業後、23歳で新日本フィル副コンサートミストレスに就任。
在学中は篠崎功子、夏季セミナーなどで、H.シェリング、N.ミルシタイン、インディアナ大学でJ. ギンゴールドの各氏に師事。

97年からはソロを中心に活動。ソリストとして主要オーケストラとの共演、全国各地でのリサイタル他、国内外の数々の音楽祭に招かれる。また、クラシックに留まらず「東洋と西洋」をテーマに独自の活動を展開。神奈川県立音楽堂のレジデンスとしての斬新な公演は話題を呼んだ。ベートーヴェンの弦楽四重奏曲全曲演奏等を行う他、スウェーデン・マルメ市立歌劇場の客演コンサートマスターとしても定期的に招かれている。

近年では、04年に国際交流基金等の助成を受け、高橋悠治氏とのデュオでニュージーランド・ツアーを行い、その内容が現地ラジオや新聞でも大きく取り上げられ、大成功を治めた。05年にはバンコク「The World New Music Festival and Conference」にてリサイタル、06年は中国の北京、成都でリサイタル・ツアー、07・08年はインドネシアのジョクジャカルタ音楽祭、プノンペン国際音楽祭、09年はインドネシア、インド等、アジア各国の音楽祭に招かれる。無伴奏リサイタル等を行い、いずれも大絶賛を博す。

後進の指導にも力を注ぎ、これまでにニュージーランド、インドネシア、中国など各国の国立音楽院等で度々ソロ、室内楽のマスタークラスを行っている。

また著名な作曲家たちからの信頼も厚く、多くの作品の初演に指名を受けている。

ソロCDは、ヴィヴァルディ「四季」(共演チェコフィル室内)「夏の夜の夢」、「フロム・ジ・オリエント」(レコード芸術“準特選盤”)、S. メリロのヴァイオリン協奏曲で参加した「Writing on the Wall」(米国グラミー賞4部門ノミネート)、久石譲プロデュース「ウィンター・ガーデン」等が発売されている。

08・09年横浜にて、2010年掛川にて、音楽とアートがジャンルを超えて交わる「ビヨンド・ザ・ボーダー音楽祭」を自らプロデュース。クラシック、雅楽、美術等がボーダーレスに一体となる斬新な内容が各界で評価されている。

また2010年、ピアノの若林顕氏とのデュオを機に、今後ベートーヴェンのヴァイオリンソナタ全曲をはじめとする、数々のヴァイオリンとピアノのための名作に、改めて再チャレンジしていく予定である。

04年より現在、読売日本交響楽団の客員コンサートマスターを務めている。

ホームページ http://peace-music-rieko.jp/