篠崎里美

光造形作家

Atelier Shinozaki代表
横浜生まれ
1974年山際照明国際デザインコンペ銅賞
1975年より多田美波研究所勤務。
独立後、LEDを光源としたライティングオブジェのデザイン・製作にて個展多数。
またコンサートの舞台美術プラン・インスタレーションの製作を手がける。
2007年東寺・観智院と智積院にて作品展示、
2009年から世界遺産・高野山の燈籠堂照明設計、蛇腹路・大塔の鐘ライトアップに携わっている。
2010年  岩崎電気 環境照明賞受賞