TWIN VIOLIN CONCERT



千の音色でつなぐ絆

TWIN VIOLIN CONCERT

ツウィン・ヴァイオリン・コンサート

2019年10月31日(木)

18:30開場 19:00開演

チケット:3000円(税込:全席自由)

チケット販売:ミンファプラン 03-5378-5690  https://www.minfaplan.com

未就学児入場不可

〈演奏予定曲〉

⚫︎私のお気に入り

⚫︎チャールダーシュ

⚫︎花は咲く

⚫︎リベルタンゴ

その他


fumiko(ヴァイオリン)

ユニバーサルミュージックよりヴァイオリニスト”fumiko”としてCDデビュー。母と三姉妹の親子で結成されたアンサンブル・グループ“ファミローザ・ハーモニー”ではドイツ、ローマ、ポルトガルの招聘により各地でコンサートツアーを行う。ジャンルを超えた活動を展開しつつ更に環境のバロメーターである「鳴き砂」保護を広めてゆきたいと積極的に活動している。音楽を通して人や自然への愛する想い夢を伝え続けるアーティストである。

山内達哉(ヴァイオリン)

古事記を飾る古の地、宮崎県都城市に生まれる。災害復興支援にも積極的に取り組んでいる。また日本のみならず世界中を旅する音楽家でもあり、海外での演奏活動は「外務省在外公館長表彰」「第一回埼玉グローバル賞」等表彰される。常に新たなオンリーワンのエンターテイメントを展開し続ける。「埼玉県親善大使」「都城特派大使」「朝来市観光大使」。

青木将(ギター)

1987年1月1日生八王子出身。ミューズ音楽院マスターコース卒業。10歳よりギターをはじめる。ファンク、R&B、ソウルミュージック、ロック、ポップスをメインに、ヘヴィメタルからクラシック、ジャズまでジャンルの垣根を越え様々なスタイルを持ち合わせている。インストゥルメンタルでの活動、ギター・ベース・バンド・学校の講師、アーティストのライブ・レコーディングサポート、作曲など幅広い活動を行なっている。

《津波バイオリン》 

弦楽器製作者の中澤宗幸氏によって、東日本大震災の津波から生じた流木や崩壊家具の材木から作られた。どれだけ時が流れても、自然への畏怖を失わず、東日本大震災を風化させないよう、大事な部分である「魂柱」には、陸前高田の「奇跡の一本松」の木片が使われている。

主催:アーク証券株式会社・紀尾井町サロンホール運営事務局

コメントをどうぞ